自己紹介

dav
dav

はじめまして! 

都内でフリーランスヨガ講師として活動しているマコです。

現在、ヨガスタジオやフィットネスクラブなどで年間約1000本のレッスンを受け持っています。

 

本名 金丸 友子 (カナマル トモコ)

1987年2月10日 東京都多摩市に生まれる。

一人っ子のB型。

現在、東京都八王子市在住。

 

もともと友人に誘われて付き添いではじめたヨガでしたが、こうしてヨガ講師になるほどどっぷりとハマってしまいました!

ここでは、わたしの生い立ちやヨガ講師になるまでの活動を振り返りながら、どんな信念をもって今の仕事と向き合っているのか綴っていきます!

 

目次

  • 幼少の頃
  • 学生時代
  • 前職→ヨガ講師への道
  • 過酷なヨガイントラ正社員時代
  • アイアンガーヨガとの出会い
  • 退職→渡米→フリーランスへ
  • わたしが信じるもの(信念)

 

 幼少の頃

私は幼少の頃から「ひとつの事に夢中になるタイプ」で、好き嫌いがはっきりとした子供でした。

好奇心旺盛の冒険好きで、将来の夢は考古学者でした。

とても自然豊かな環境で育ったので夏になるとカブト虫やサワガニなど捕まえて泥まみれのパンツまる出しwでよく遊んでいました。

そして怖いもの知らずに拍車がかかった小学4年生の頃。鉄棒を跳び箱代わりに飛んで右腕をばっきり折って帰ってくるようなおてんばものに成長し、母にはよく「男の子を育てているみたいだ」とも言われていました…

 

cof

左の大股開いてピースしているのがわたしです。

 

学生時代

 

学生時代は起きている間は音楽に没頭していました。

はじまりは中学生になってから友達と組んだガールズバンド。ボーカルとして歌い始めました。

その後、60年代のブルースロックに影響を受けて楽器(ベース)にのめり込み、スタジオミュージシャンを目指して高専に進みました。当時は7つのバンドを掛け持ちしていたので防音室やスタジオにこもって練習したりライブハウスでliveに明け暮れる毎日を過ごしていました。

夢中になり過ぎて3日3晩寝ず食わずで活動し、電車で立ち寝して前の席に座ってたサラリーマンに向かってDIVE!!なんて事もありましたw

このころは性格もRockでさらにトゲトゲしく(笑)なんともかわいげのない尖った女子高生ロッカーでした‼

今はゆる~くウクレレとかたまに弾きます♫ 

  

 

前職→ヨガ講師への道

 

前職は車屋さん。

実はMT車の運転とスポーツカーやクラッシックカーが好きで自分でもフェアレディZという大きめのスポーツカーに乗っています。

 

 

車好きで自分でも若い頃にダートレースや整備工場をやっていた父の血でしょうか、親子は似るものですね。

cof

 

他には医療事務、営業事務もしていました。

営業事務の仕事をしている頃は週5で地元のホットヨガスタジオに生徒として通っていましたが、学生時代からろくに運動してこなかったのでヨガポーズの形に入ることもままならない状態でした。

今まで健康にまったく気をつかってこなかったわたしはヨガの必要性はやればやるほど感じて探求心に火が着き、ヨガ講師になるために居心地の良かった営業事務を辞めてすぐにヨガスクールでRYT200の短期集中講座を受けました。

資格を取っただけでは人に教えられる自信がまったくなかったので経験を積むべく、業界で「本格的ヨガ」と噂に高かった某大手ヨガスタジオへ正社員として入社し、ヨガ講師としての活動をスタート。

このスタジオが業務も教育もかなりハードで日に先輩のレッスンを2.3本受講し、自分のクラスも2本以上教えてと、たくさんヨガをしている割にはアドムカシュワナアサナ(ダウンドック)で腰が丸まったまんま伸びない…と、基本的なアサナですら変化がなくもちろん難易度の高いアサナももちろんできませんでした。

それも当然、「そのアサナでなにが重要?」「正しい身体の使い方とは?」「アライメントの見方はどうみる?」「できないアサナの練習方法は?」「生徒さんの身体にどんなミスアライメントが起きてる?」とそれはもう疑問だらけで自分自信で体感&理解できずにいたので自分のクラスでも先輩のインストラクションをマネするだけの状態が1年ほど続きました。

疑問だらけで自分の教えている事にももちろん自信が持てず、応用が利かないので「この先生わかってないのかな…」と見透かされてしまうのではという怖さと申し訳なさでレッスンすること自体が「苦しい」と思うことが増えていきました。

生徒さんの身体を見てもなにが起こっているのかも分からないのでなんとなくそれっぽい修正の声掛けをしてやり過ごしてしまったり、質問されても曖昧にしか応えられず…もともと本質を求める性分と嘘がつけない性格なので胸に鉛をのみ込んだように心も身体も重く、自分のやっている事に意味を見いだせず精神的に追い詰められていきました。

入社して1年が経とうする頃ついに疲労し切って体調を崩し「急性腎盂腎炎」になり「敗血症」を発症し全身に菌がまわって死ぬ思いをしました。免疫力の高い若年層がここまで進行することは珍しいと医師に言われ、自分が限界に近かったことに気がつきました。もし腎臓のダメージが大きく慢性的に機能が衰えれば人工透析になりかねない事態なので本当にゾッとしました。

この病をきっかけに健康になるはずのヨガをこんなにしているのにどんどん不健康になっている自分も、自分が人に教えているヨガも「なにかやり方が間違っている」ことを決定的に突きつけられました。

 

アイアンガーヨガとの出会い

 

わたしがヨガの迷路をさまよい、道を見失っていた時に出会ったのがアイアンガーヨガでした。

病気後に出会ったアイアンガーヨガ認定指導員に徹底的に基礎からやり直してもらうことで自分の身体が変わり、できなかったアサナができるようになり、理解できなかったことが理解できるようになったことでいままで自分がやっていたアサナが別物になっていたことを思い知りました。

そして、アイアンガーヨガ認定指導員のアサナと真摯に向き合う姿勢とレベル感を肌で感じ、「自分はヨガをなめていた…甘くみていた…」と心から反省しました。

指導員の人との温度差がありすぎて自分がヨガインストラクターと名乗っていたことすら恥ずかしくなりましたし、実際「よくそれで人に教えてたね」と指導員の方にも言われました。

やっと自分が探し求めていたものを見つけることができてわたしは恵まれたなぁと本当に感謝しています。

 

退職→渡米→フリーランス

 

大きな病気をしてから半年後、スタジオを退職。

3年は経験を積もうと思って入社しましたが、1年半で辞めました。

理由はスタジオでやっているフロースタイルのヨガを学び続けたいと思わなくなったから。

そして、フロースタイルで身についてしまった癖(間違った身体の使い方)を抜くためにアイアンガーヨガでプロップスを使ったりして正しい身体の使い方に矯正しても、教えるクラスはフロースタイルのクラスが多く自分の癖が戻ってしまいいたちごっこのような状態が嫌になったからです。

※あくまでもわたしにはフロースタイルが合わなかったということで他の流派を否定しているわけではありませんし、アイアンガーヨガにもフローで動くシークエンスはあります。

 

その後、ずっと行ってみたかった海外へ!

初海外旅行・初ひとり旅・英語力ゼロ・飛行機2回目で不安しかありませんでしたが、カナダ(バンクーバー)アメリカ(シアトル、ラスベガス、NY)を1か月かけて旅しました。

ラスベガス→グランドキャニオン

いろんなハプニングがありましたが、旅行記はまた別の機会に。

帰国後、フリーランスのヨガ講師として新たに活動をスタートし現在にいたります。

  

わたしが信じるもの(信念)

 

わたしはヨガに限らずですが、何事も本質を見ようとします。

「本質」を見抜くことで世界はよりシンプルに、おもしろくなる。

わたしの信念はここにあります。

本質的なことを見抜くのは簡単なことではないし、見抜いても受け入れがたいものも多いです。

それでも自分が本質を見ようとしなければ、洞察力のある鋭い感性を持つ人から見ればありのままの自分を見抜かれてしまいます。

わたしは自分より4つも年下なのに洞察力がかなり鋭く本質を見抜くセンスと強さを持つ人と出会ったことでその思考の深さに驚愕し、魅了され、心を動かされました。そして、自分という人間の底の浅さを見抜かれるような思いをした経験から「こんな人に認められたい」「同じ目線で物事をみてみたい」「繕っても通用しないなら繕わなくてもすむような本物になりたい」と考えるようになりました。

この出会いから世界観が大きく変わり、今ではこの考え方が自分の軸となっています。

この信念のおかげでわたしは自分が納得できるヨガに出会うまでにかなり苦労しましたが、だからこそ同じように疑問や悩みを持っている人もいるのではと思っています。

 

わたしの理想は本当に自分で自分を整えられる、効果を得られるヨガを学んで健康でいつまでも若々しく自由な身体と心で人生を思うままに謳歌することです。

これを叶えるために、わたしはまずアサナにフォーカスして身体をしっかりと整えていくことに取り組んでいます。

このサイトは日々自分が学んだことや気づいたことを忘れないようにメモする感覚ではじめたものです。ヨガというツールをちゃんと理解して上手に使ってもらうためにわたしが日々学んだ知識や技術をオンラインでクラウド化して共有しています。

このサイトがここに辿り着いてくれたあなたのヒントとなり、私のようにヨガ砂漠で迷っているひとのオアシスとなればうれしく思います。

カテゴリー

1件のコメント

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。